大会長挨拶

第1回国際医療福祉学会学術大会の開催によせて

 国際医療福祉大学学会が平成22年9月に、保健・医療・福祉の進歩、啓発、連携を図ることを目的として設立された。この学会は、学術研究のレベルの向上、関連職種間および付属関連施設の連携、同窓生への卒後教育の場として位置づけ設立された。
 第1回の学術大会が本年9月に開催の予定となった。この学術大会は今までの学内奨励研究発表会を拡大し、教職員、学生、院生、卒業生および関連施設の職員の研究発表を対象としている。本学会のテーマは「日本の保健医療福祉の潮流」「IPEのためのIPC」として、関連職種連携を中心に企画した。内容は、学長、大学院長の特別講演、各職脳団体の代表者によるシンポジウム「これからの専門職を考える」を企画している。また、学科企画として、学科別の講演、シンポジウムを企画し、各職種内の専門的な知識の向上に寄与できれば幸いである。
 学会開催には多くの皆様の参加、ご支援が必須であり、みなさまのご協力をおねがいいたします。

国際医療福祉大学保健医療学部長
丸山仁司