プログラム

メインテーマ:医療福祉の原点を再考する -QOL(quality of life)とQOD(quality of death)-

 従来、患者様本位の安心・安全でかつ質の高い医療福祉の実践は、quality of life (QOL:患者が理想とする生き方、もしくは社会的にみて人間らしい生活)の向上が第一に考えられてきた。近年は、これに加えquality of death (QOD:患者が望む理想的な死に方、安らかな最期の迎え方)の向上も考えていかなければならない時代となってきている。これらを踏まえ、本大会はメインテーマを「医療福祉の原点を再考する-QOL (quality of life)とQOD (quality of death)-」とし、医療福祉に携わる多職種の専門家が一堂に会して、テーマに沿った活発な議論と発表を行うとともに、改めて医療福祉の原点について考える場としたい。

■特別講演 I「看護行政の推進-患者のQOLとQOD-」 8月31日(土)13:20~14:20 F101教室

 演者:久常節子(国際医療福祉大学大学院 副大学院長)
 座長:杉原素子(国際医療福祉大学大学院 副大学院長、新宿けやき園 施設長)

■特別講演 II「医療福祉におけるシミュレーション教育」 8月31日(土)17:00~18:00 F101教室

 演者:天野隆弘(国際医療福祉大学大学院 副大学院長、医)順和会 山王メディカルセンター 院長)
 座長:武田弘志(国際医療福祉大学薬学部 学部長、第3回国際医療福祉大学学会学術大会 大会長)

■シンポジウム I:痛みと痒み-その病態と治療- 8月31日(土)15:20~16:50 F101教室

 座長:新井田孝裕(国際医療福祉大学視機能療法学科 学科長)、黒澤美枝子(国際医療福祉大学基礎医学研究センター 教授)

  1.痛みの薬理学について 
   演者:天野 託(国際医療福祉大学薬学部 教授)
  2.痛みの治療について ~ペインクリニシャンの立場から~
   演者:伊藤寛之(国際医療福祉大学三田病院 講師)
  3.痒みの病態生理(その調節機構と生理的意義)                  
   演者:新井 巌(国際医療福祉大学 客員研究員)  
  4.かゆみのある皮膚病のスキンケア-つけ薬、保湿剤の使い方について
   演者:大塚 勤(国際医療福祉大学病院 教授) 

■シンポジウム II:緩和医療の現状と将来展望 9月1日(日)10:10~11:40 F101教室

 座長:鈴木 裕(国際医療福祉大学病院 副院長・外科上席部長)、福島道子(国際医療福祉大学保健医療学部看護学科 学科長)

  1.なぜ医療連携は必要なのか
   演者:鈴木 裕(国際医療福祉大学病院  副院長・外科上席部長)
  2.非がん疾患の緩和医療-神経難病の緩和ケアについて
   演者:小川朋子(国際医療福祉大学病院 准教授) 
  3.緩和医療における看護について
   演者:姫野深雪(国際医療福祉大学福岡看護学部 講師) 
  4.高木病院における緩和ケアチームの紹介とリハビリテーションの現状
   演者:児玉紘子(高木病院 リハビリテーション室副主任 作業療法士)、松尾英樹(高木病院 リハビリテーション室 理学療法士)

■シンポジウム III:若手シンポジウム-医療福祉の先端知識・技術の共有- 9月1日(日)12:40~14:40 F101教室

 座長:勝平純司(国際医療福祉大学小田原保健医療学部理学療法学科 講師)、宮川和也(国際医療福祉大学薬学部薬学科 講師)

  1.がん患者の倦怠感に対する看護について
   演者:窪田光枝(国際医療福祉大学小田原保健医療学部看護学科 講師) 
  2.脳領域MRIの最新技術 
   演者:丸山純人(国際医療福祉大学保健医療学部放射線・情報科学科 助教) 
  3.ロボットIT技術を応用したリハビリテーションの紹介 
   演者:勝平純司(国際医療福祉大学小田原保健医療学部理学療法学科 講師)
  4.先進的高齢者介護の現状 
   演者:野村晴美(国際医療福祉大学医療福祉学部医療福祉・マネジメント学科 講師) 
  5.オーダーメイド医療における臨床検査の役割
   演者:佐藤謙一(国際医療福祉大学福岡保健医療学部医学検査学科 講師) 
  6.エピジェネティクスを基盤とした薬物治療の新たな展開
   演者:宮川和也(国際医療福祉大学薬学部薬学科 講師) 

■文部科学省事業 9月1日(日)14:50~16:10 F101教室

 「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」一般市民公開講座・講演会:
  5 days discharge program
   ―患者、家族、病院、地域の連携医療は欧州のERASを凌ぐ

 演者:鈴木 裕(国際医療福祉大学病院 副院長・外科上席部長)
 座長:大東貴志(国際医療福祉大学三田病院 泌尿器科部長)

■演題発表(一般・学内研究費受給者による研究内容報告)

 ◆ポスターセッション
  ポスター掲示作業:8月30日(金)16:00~31日(土)12:30
  30日(金)21:00~1日(土)8:00は施錠のため入室できません
  ポスターセッション:8月31日(土)14:30~15:10 E棟2階教室

 ◆口述発表  
  発表時間:9月1日(日)9:00~10:00 F201教室ほか

■学科別特別企画 9月1日(日)11:40~12:40 E101教室ほか

 学科ごと(キャンパス横断含む)に独自の企画を実施

■臨床工学部門ワークショップ 8月31日(土)12:00~13:00 F201教室

 国際医療福祉大学病院臨床工学部主催によるグループディスカッション

■大学学会総会 9月1日(日)16:10~16:30 F101教室

■関連職種連携実習報告会 8月31日(土)9:30~12:00 N棟教室

 学生による関連職種連携実習の実習報告会

■情報交換会 8月31日(土)18:15~19:30 那須アスリーナ2階